top

AutoCadの図面データを印刷、出力致します | 東和インフォセービングス


 東和インフォセービングス トップページ >
  

AutoCadの図面データの印刷、出力サービス

大阪、CADデータ、印刷

 CAD図面データ出力

AutoCADの図面データの出力サービスです。
モノクロ出力とカラー出力にも対応しています。
AutoCadは2007以前のバージョンに落としてからご依頼下さい。

●CAD図面出力、CAD図面印刷サービス価格表です

  A4 A3 A2 A1 A0
モノクロCAD線画 \180- \180- \360- \720- \1,400-
カラーCAD線画 \360- \360- \720- \1,400- \2,800-

これらの価格はホームページ掲載時の価格です。
店頭では熾烈な価格競争が繰り広げられているため、ホームページの更新が間に合っていない場合がございますので、 ご検討の際は是非最新価格をメールフォームかお電話でお尋ね下さい。
ご依頼の際は、ペン設定も添付下さい。添付していただいたペン設定を利用して出力を行います。


モノクロのCAD図面印刷サービスで利用する大型出力機です。富士ゼロックス社の大型複写機を利用しております。
レーザー出力機ですので、インクジェットプロッターとは比べものにならない速度でCAD図面の出力が可能です。また、インクジェットプロッターもございますので、そちらでのモノクロ出力も可能ですので、 ご指定下さい。 モノクロのCAD図面印刷サービスで利用する大型出力機です。富士ゼロックス社のBrainTechという機械を使っています
●遠方のお客様へ
●ご依頼方法
メールフォームもしくは、お電話でご依頼下さい。
●ご依頼から納品までの流れ
  1. メールフォームまたは、お電話でご相談下さい(作業概要の確認を行います)
  2. 概算価格をご連絡します
  3. 概算価格に納得いただけた方は、データ・原本・本文等をご送付下さい。(メールや日本郵便のレターパックをご利用頂くケースが多いです。)
  4. お預かりしたデータ・原本・本文等を精査し、正式見積もり及び納期をお伝えいたします。
  5. 正式金額にご納得いただけた場合、お振込みご希望の方は、お振込み頂き入金確認後に作業を行います。
  6. 代引きご希望の方は、作業を開始します。
  7. 作業完了後、お客様に宅配便でお届け致します。
  8. 代引きご希望のお客様は、その場でお代金をお支払い下さい。
※正式金額にご納得頂けなかった場合の返送費はお手数ですがお客様ご負担にてご返送いたしております。ご了承下さい。
●営業エリア
全国発送可能です (北海道,青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県,茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,新潟県,富山県,石川県,福井県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県,三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県,鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県,徳島県,香川県,愛媛県,高知県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県,沖縄県)
●納品方法
宅配便の利用
●お支払い方法
代引き、前振込み
●送料
商品、金額によって弊社負担は異なります。ご相談下さい。
●領収書の発行・正式見積の発行
可能
●弊社のスマートな利用方法
大阪に支社、営業所があるお客様の話ですが、地元の業者様と比べて弊社のほうがお値段が安い場合が多く、 直接弊社にご依頼いただき、納品は大阪支社に納品させて頂いた後、社内便でお客様所属の支店に配送して 配送費を抑える方法を取られているスマートなお客様もございます。大阪に支社、営業所があるお客様は 是非御検討下さい。
大きな地図で見る

AutoCADとは(部分抜粋)

AutoCAD(オートキャド)は、オートデスク株式会社が開発する汎用の図面作成ソフトウェア。 1982年、最初のバージョンである1.0が発売された。当初はバージョン番号で版の違いをあらわし、 バージョン2.6(1987年4月)の次からはR9(1987年9月)のようにリリース番号であらわされる。 日本ではR11まではGX-5(R11-1990年)などのように呼ばれていた。2000(1999年)以降は年号であらわされている。 現在、このAutoCADは、建築・土木・機械分野をはじめとして、様々な分野で利用されている。 CAD演習をするような教育機関では、アカデミックパッケージを廉価で用意しているので、 代表的なCADソフトウェアとして用いることが多い。 3Dでの立体的な図面描画やアニメーションが可能であり、 VBAやAutoLISPなどのプログラミング言語を活用したカスタマイズができるユニークな製品である。 AutoCAD 2007では、3DCGソフトウェアで有名なSoftimageやMayaで採用されているmental rayを、そのレンダリングエンジンに採用している。 ちなみに、AutoCADとAutoCAD LTの違いは、前者が2D/3D両方を扱うCADソフトであるのに対し、後者は2DのみのCADソフトとなっていることである。


AutoCad(2010/11)
AutoCadの出力はお任せください。



© 2004 東和インフォセービングス All Rights Reserved.